ホワイトニングとは

歯のホワイトニングは、1989年にアメリカで実用化された技術で、歯みがきや歯のクリーニングなどでは落としきれない歯の着色を、歯の中にある色素を分解することによって、歯を白くする方法です。
以前は歯を白くするには、歯の表面を削ったり、人口の歯をかぶせたり、歯の表面に薄い膜を貼りつけたりするといった方法しかありませんでしたが、ホワイトニングの技術が確立されてからは、自分の歯はそのままで色だけを白くするということが可能になりました。
開発当初は、色素を抜くということから、ブリーチングと呼ばれていましたが、ブリーチというと強力な薬品で漂白するというイメージが強いため、1990年初頭にアメリカのメーカーがホワイトニングという名称を発案し、今ではこちらが定着しています。

ホワイトニングには、過酸化水素を主成分としたホワイトニング剤が使われますが、この過酸化水素が酸素と水に分解される時に、歯に付いた着色有機物質の分子が小さくなり、色がなくなってくるというしくみで歯の明るさが上がり、白くなります。さらにこの過程で活性酸素が生じ、歯のエナメル質に光を乱反射させ、黄色みの強い象牙質の色をカバーするという効果もあります。ホワイトニングは物質を溶かすわけではなく、色が変わるだけなので、歯が傷ついたり溶けたりする心配はなく、自然な感じで白くなります。また最近では、ホワイトニングの技術が向上し、歯の色合いや明るさを自分好みに調節することが可能になりました。

施術方法は、歯の表面の汚れを落とした後、ホワイトニング剤を歯の表面に塗ります。ホワイトニング剤の反応を促進させるため、光やレーザー、プラズマなどを当てたり、最近ではさらに触媒として二酸化チタンや窒素などを配合することもあります。
ホワイトニングは大きく分けて、歯科医院内で行うオフィスホワイトニングと、歯科医師の指導のもと自宅で行うホームホワイトニングがあり、ホームホワイトニングでは、マウスピースを使って、数時間その中にホワイトニング剤を入れて白くするという方法がとられます。オフィスホワイトニングのように光やレーザーを当てることができない分、時間がかかります。
オフィスホワイトニングでは、3か月から6カ月ほど、ホームホワイトニングでは1~2年ほどで、ホワイトニングの効果が薄れてきますので、白い歯を保持していくためには、定期的にホワイトニングの施術を受ける必要があります。

http://www.ikegami-dental.com/

投稿日:2016.08.08